cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An inconvenient truth
MNSのトレーラーで見てから、日本に帰ったら絶対見よう!って思ってた映画の一つ。
思いがけず、こんな地の果て、小さな嵐の町にもやってきてくれました☆
えと、ま、公開日は一日しかないので、この日を逃すといつ見られるかわからないという状況なのは・・・この際公開してくれるだけありがたいと思わなきゃいけないかな(^_^;
チケットもちゃんと事前購入。
小さい町、小さい劇場とは言え、ほとんど満席状態でした。
あぁ、やっぱこんだけ人は住んでるのね。。。笑

ドキュメンタリー映画を見たのは、2回目。
ゴアさんのレクチャーを受けてる感覚でした。
さすが演説の国の人!話し方を知ってる、というかなんというか。
うまい。と思いました。
内容は地球温暖化。
私が思ってたよりも、ずっとずっと自体は深刻なんですね。
私達にこそ、この問題に責任があると。
難民や死者を出すこと、思い出の場所・次の世代に受け継いでほしいものを消し去ること。
会社や工場がだす大量の二酸化炭素問題もあって、それを第一に糾弾することもできるだろうに、それを動かす社会体制や政治に関する問題を二の次において、これは政治の問題ではない。これはモラルの、道徳・倫理感の問題だと言い切るゴア。
もっともっと根本的な何かを変えたいんだろうな。
変わらないと、もうやっていけないらしい。
こんな道徳観が定着する世界がきてほしい。

ばんばん温暖化とその被害の事実を突きつけながら、
ちっともProfessionalじゃなく、Personalに話を進めていく構成。
ゆえに、ゴアさんの個人的願いが素直に伝わってくる。
できれば多くの人が実行に移してくれるといいなー☆

そんなうちの家に、生ごみから腐葉土作る箱が数日後に届きました。笑
ハウスメイトのMegも見に行ってたみたい。
行動早!影響受けたのかな??笑
嬉しいんだけど、それよりもちゃんと台所出る時に電気と暖房切ってくれるほうが、個人的にはすっごい嬉しいんだけど。笑
まぁ、我が家一の生ごみ生産家なMegなので、彼女なりにごみの減らし方考えたのかな。。。Good Job☆
個人的には結構省エネに生きてるつもり。いろんな物が捨てられずにいるし。。。笑
でもきっとまだまだできることがあるはず。
できるとこから始めよ♪
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/95-f1291e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。