cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gig
サックスとパーカッションとピアノのコンサートに行ってきました♪
ジャズっぽいというかなんというか。
こういうのをコンサート形式で聞くのは初めてでした。
思いのほか大当りで◎ (^-^)b大満足です☆
やっぱ生の音はいいねっ☆
耳から脳から体からばんばん響く☆★
パーカッション奏者のお姉さんが、とっても素敵な方で♪木琴・鉄琴・シンバル・太鼓・マラカスなどなど。。。一人で何種類もの楽器を弾きこなすので、びっくり。
加えてすごく魅力的に弾くので、聞いてるこっちが、私も弾きたいわ~と思ってしまいました(^^ゞ

Foteiniも来てくれて、久しぶりに会えて嬉しい~(*^_^*)
彼女は働き始めてから、時間ができるようになったので、こうしてちょくちょくどっか一緒に行けたらいいなぁ~(^.^)

。。。いろいろ思ったこと。。。
ピアノと打楽器の組み合わせで演奏を聞くと、ピアノは実は打楽器じゃないかと思えてきます。なんだかんだで弦を叩いてるんだし。
逆に、打楽器の叩き方、例えば木琴の叩き方なんかがピアノの叩き方と同じ要領なんじゃないかな~と思えてきたり。
腕を使って、もっと言えば、体全体を使って鍵盤を叩く。

関連して、ちょっと一般的になるけど、楽器を弾く時の体の使い方。
一応昔はピアノをたしなんでた時もありました、私にも。笑
私はペダルを使うのが苦手。
というのは、ペダルを使うとどうしても片足、もしくは両足の置き場所が決まってしまう。
鍵盤を安定して叩こうと思うと、どうしても足の踏ん張りがほしくなる。
椅子の前のほうに座って、両足をしっかり地面につけて。
もちろん、私の先生がなぜかペダルを使わない曲ばっかり私に与えてた、ってのもあるんだけど。(ただ慣れてないだけ。。。爆)
打楽器も、座っては弾けないんじゃないかな。
もちろん、鼓とかドラムとかいろいろ座って弾く楽器はあるけど。
でも、しっかりどこかしら踏ん張って、反動に流されず受け止める土台がいると思うのね。
それはどの楽器にも言える事だと思うんだけど。
なんというのかな、楽器を弾くと腰が決まるんだよね。笑
昔は武道と芸事を一緒に習ってた、っていうのもあるんじゃないかな~
姿勢もよくなるし、やっぱ腰が据わらないとね~

+++++
打楽器奏者の人は、卓球選手になれそうだと思いました。笑笑
木琴って、結構大きくて長いんですねー
真ん中に立ったら、端まで腕が届かないんじゃないかな。
そうじゃなくても、上の話じゃないけど、やっぱ中途半端な姿勢で叩きけないだろうし。
加えて奏者の人も小柄な人だったから、なおさら木琴が大きく見えて。
だから動く動く。笑。
木琴の前で飛んだりはねたり。笑
しかも腕は常に上下してる状態。
なんだかスポーツ選手みたいでした。笑

+++++
同じく打楽器奏者の人が、卵の中に砂が入ってるような、小さなマラカスみたいな楽器(なんて名前なんでしょうか?)をひたすら同じリズムで延々と腕を動かして演奏してる時があったんだけど。
このとき、始めてボレロを聴いたときの感動を覚えました。笑
この人はあの数十分のボレロの、♪たたたん・たん・たん♪ってずーーーっと後ろで鳴ってる太鼓ができる!!!
私はボレロ、生で聞いたこと無くて。
CDを持ってるんだけど、いつも、これ生の人間がマジで弾いてんの?って感じで。笑
今日そんな人も居るんですという証明がなされました。
人間やればできるんですねぇ~

以上、今日感動したことでした☆
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/94-d28247ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。