cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Negative & Positive
嵐の町に帰ってきて、暮らしは相変わらず。
もはや京都とこっち、どっちが私の家なんだか。
でもまぁ、ここで学生やってるうちは、私の中心はやっぱここなのかな~

そんなわけで相変わらず土日はバイトに精を出す。
クラスメイトの中には、今年からまた新たにクラブを増やしたって言う人もいるのに。。。
サークル入りたいけど・・・。
せっかくこっちにいるんだし、スキューバダイビングとか山歩き、乗馬だってやってみたい。
バードウォッチもやれるなら再開したいんだけど。。。
これはどこに行っても一緒のこと起こったんだろうけど。
バイトとクラブ、なら多分私はバイト取るんだろうな~
時間とか体験よりお金を選ぶ自分がちょっと哀しくなるけど、
こればっかりはしょうがないよね。。。
うん、働こう。

うちの学部は、月曜から金曜まで、朝から夕方までぎっしり。
実習中は、週40時間勤務。日曜祝日出勤当然の、もちろん夜勤あり。
んでその傍らに小論文も書く。
忙しいと思う。正直に。
それは別に他の学部の人が忙しくないとかそう言うことじゃなくて。
他の学部の人も論文書いて、実験して、文献読んで。
皆忙しいと思う。

ただ、うちの学部はちょっと土俵が違うと思う。
勉強と労働を一緒に強いられる。

朝7時に家を出て、夜9時に帰ってきて。
休みの日は布団の中に居たいけど、論文が控えてるから、這ってでも図書館に行かないといけない。
私は、人より読んだり書くのが遅かったり。
多分嵐の町に居る私と同じ境遇の人達は、何かしらハンデがあるんじゃないかなぁ~
人より時間がかかる分、どこかしら時間は作らないとね。

つまり、実習中は、Full-time Studentとして40時間病院に居るにもかかわらず、追加で十数時間ぐらい(…そんなに勉強してるかな?)は机に向かって学生しなきゃならないわけです。

正直しんどい。
特に実習中は、ヘンな人間関係の心理的重荷もあるし、肉体的にきつい仕事でもあるし。

でも一番実習中が、がんばれる時でもある。
集中治療室で出会った、看護婦さん。
自分のスキルアップのため、大学でコースを取って、試験と論文提出に追われながら、フルタイム(週40時間)勤務。
ある訪問看護実習で一緒だった看護婦さんは、地元の短大で油絵をパートタイムの学生で学んでらした。
看護も好きだけど、絵を描くことも好き。
仕事と趣味と。どっちも極めるってすごい。
んで、今日一緒に働いた看護婦さん。
もうすぐ家族と一緒にコアラとカンガルーの大陸に引っ越すんだそうです。
看護婦だけじゃない、他のどんな人にとっても、仕事場所と住む場所を変えるのって大変です。
しかも彼女は3人の子持ち。
もう一個内陸の町のほうが、仕事の条件は良かったんだけど、やっぱビーチのあるとこに住みたいし。
仕事だけじゃ、I'm giving up easily.
そうやって、自分の好きなこと諦めないで、自分にとって一番の選択をできる「強さ」みたいなものが、
とってもうらやましいと思う。

私はとっても人に流されやすいタイプだと思う。
実習中が一番がんばれる時だって言うのも、
きっとこういう看護士さんたちが私の周りにいっぱい居るからだろうな。
あれもこれもと欲張りながら、自分のしたいことを選び取ってる人たち。
そういう人からもらう、前向きなパワーみたいなもの。
あーもしかして、私ってまだまだがんばれるんじゃないかな~
って単純に思う。
んで多分、私はきっとまだまだがんばれるんだろう。
うん、勉強しよっと。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/63-f890126c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。