cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mottai-nai!
おネギ引っこ抜いても。
柿を箱詰めしても。
とうもろこしの皮をむいてみても。

食べられるかどうか じゃない。
商品価値があるかどうか。だ。

ほんの少し、育ちすぎてしまった作物。形がイビツなもの。摘むことは許されない。
箱詰めしてる、今がちょうど食べごろ!でも店頭に並ぶ頃には熟れ過ぎ。だから廃棄。
裁断機に通った時に斜めに切られてしまったもの。容器に収まらなくて、見た目も悪い。ゴミ箱行き。

ニンゲンさんの都合で育てられて、選ばれて、捨てられて。
毎日毎日でかいコンテナいっぱいの「ごみ」と呼ばれる食べ物を見てると、なんだか哀しくなるのは、私だけ?

ゴミ箱へ放る時、廃棄用コンテナに流れるレーンに手放す時、
一瞬戸惑ってしまう。
これ、箱詰めしちゃだめなの?
なんとか見えてる部分だけきれいにして、ダマセナイだろうかとあれこれしてみたり。
その一瞬が、私の仕事を遅くする。

今の職場では、一時間で125パック以上のとうもろこしの梱包が要求される。
一パックにとうもろこし一本が4つに切られたものを並べるまでが私の仕事。
速い人は、一時間に200以上パックする。
私はまだ80くらいかな。
これ以上速くなることは無い気がしてしょうがない。
でも速くならないと、即クビ。
いつか躊躇しなくなるんだろうか。

私が働いたほとんどの農家や農場では、
従業員には、箱詰めしたものや梱包された商品を一人何個か持って帰ることが許されているけど、
「ゴミ箱」からこっそり拾って持って帰ってくる私です。
一緒に働いてる人は、そんなトコから取ること無いよ!っていうけど・・・
だって食べられるんだもん!
ちょっと裁断面が汚いだけとか。
熟れるまで待つ必要ないし。

あの廃棄処分、せめて畑の肥料とかになってないかなぁ。

けちとか、卑しいとか、他人には何て思われてるのか。
せめてもったいない精神の塊ってことで。笑

資本主義って、ほんと怖いねぇ。つくづく。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いまの日本なら、じゅうぶんビジネスになりそう。
ふぞろいだけど、その分安くとかなら、絶対いい商品になるはず。そちらの国では難しいのかな~?
【2010/05/12 01:22】 URL | こうむら #/CjbHU5M [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/227-f94f4d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。