cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So Jealous
ここは田舎で。
欲しいものは手に入らなくて。
食べられるものは口に合わなくて。
わかってる。これは嫉妬。
田舎者の、卑屈なうわごととわかっている。

あー。。。でもそれだって。
私だって。
居酒屋行きたい。
たこ焼き食べたい。
おすし食べたい。
日本米らしい日本米食べたい。

でもでもでも。
でもここ、日本じゃないよ?
居酒屋は来る前から無いものと思ってたし、
たこ焼きはこの土地の食べ物じゃないし、
ご飯にお酢混ぜることもしないし、
お米と言えば、細くてひょろっとしたアメリカンライス。
タイ米みたいな感じかな。インド米よりは短い。そんなお米だし。

日本じゃない場所に自分から出向いて、
頼まれても居ないのにその場所に居つき、
その上その地域のモノを差し置いて自分の「普通」を通す。
それってどうなの?
何しにきたの?

Do as Romans do.

わかってる。
大都市に行けば、居酒屋があって、回る寿司があって、ラーメン屋さんがあって、
新鮮な肉と魚、瑞々しくて甘い野菜が手に入る。
こんなウサギの国の端の端にも、スーパーに行けばお寿司の詰め合わせが出回るようになった。

地球は回る。人は動く。
グローバル化。
日本文化への関心と紹介。
移民制度の改変。
日本人も増えたね。大都市じゃ。
もっとも、日本人だけじゃないけど。
需要も増えたんだろうなぁ~
もっとも、日本人が多いところだけだろうけど。
それでも、日本と同じものが手に入るなんてことは、まずありえない。
保存食やインスタント食品なら別だけど。

わかってる。これは本当にうらやましいだけ。
だって、私だって行きたい。
日本食食べたい。日本語しゃべりたい時も多々ある。
やっぱり私は日本人だと思う。
それでも、この国で日本料理屋さんに行ったのは、5年前こっちにきてから2ヶ月目に一回だけ。
カツ丼定食に8ポンド出した自分は馬鹿だと今は思います。
日本の味なんて、出せるわけ無いのにね。
ここはウサギの国。

私の住んでる地域には、日本料理屋も日本食材屋もない。
お金を出せば、今の時代、どこに居ても何でも手に入るけど。
通販。国際便。 お金を出せればね。

どんなに日本文化・日本食に渇望してても、
それでもやっぱりなんだかおかしい気がする。
この国にいるのに、外国にいるのに、居酒屋に行けたりたこ焼き食べられちゃったりするのは。
正規の2倍以上出して「日本食のようなモノ」を買うよりは、
同じ額で、この国の、もしくは大陸の「料理」を口にしたいと思わないのかな。
都会に行って、今晩居酒屋にしよっか。って背中に聞くと、なんだかいらいらする。
おまいはどこにいるんだ。なんでここにいるんだ。

この国で、世界のあちこちで、
中華街が、韓国人街が、日本人街が、出来た理由が今はわかる。
Home, sweet home.
故郷に代わるものなどありはしない。
でも、私みたいに短期滞在でいつかは日本に帰るぞ、って人ならば。
せめていつかこの国を飛び立つその日まで、
この土地の生活を楽しむべきだと思うのは…やっぱりエゴかなぁ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/188-f645d6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。