cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国に無いもの
12時間労働では、3回ぐらいは何か食べます。少なくとも私は。
お昼ご飯。加えて、それぞれ午前中と夕方の小休憩。
いろいろと口に詰め込みます。
でないと私のおなか、持たないんですもん。

病院という環境は、肉体労働には大変よろしくない環境だと思います。
室温は高く、乾燥しすぎ。
汗はがんがんかくし、肌はどんどん荒れるし、
水を飲みたくても時間が無いし、トイレに行きたくてもまたしかり。

休憩時間の水分補給は、私にとっては課題です。
お茶も水もいいけど、もうちょっとおなかに溜まって(ここポイント)体にいいものはないかなー。
で、思いついたのが、野菜ジュース。
ごくごくのめるなら、短い休み時間にも◎
果物ジュースでもいいけど、糖分が高いし、ダイエッターにはちょっとしんどい。
私はがぶがぶ飲みたいのだー

今日、4件目のスーパーに行ってきましたが。
とうとう野菜ジュースにはお目にかかりませんでした(T-T)
トマトジュースはあるんだけどねぇ…でも大きいパックのみ。
携帯できる小さい飲み切りサイズがほしい。

この国の人たちが、果物と野菜の必要性に気付いたのは、つい最近(だと私は思ってます)。
一日に果物・野菜をそれぞれ5つずつ食べよう、というのが最近の国のスローガン。
食物を六つの基礎栄養素に分け、一日30品目の摂取を目標にしている日本からすると、
ちょっと考えられないあいまいさ。
5種類じゃありません。あくまで5つ。
りんご一つを一個と数えます。グリーンピースも一握りくらいで一個に数えるらしい。
つまり、りんご5個で果物の分をカバーできてしまう。。。
この間、同僚が、え?あれって合わせて5つじゃないの?と言ってるのを聞いて、
いやいやそれじゃ少ないだろ。という突っ込みは私だけでした。
この国の伝統的なお食事は、油と小麦粉。
一般的なお弁当として、サンドイッチにポテトチップス一袋+食後のチョコバー一本、の組み合わせが私には理解できません。
だからあんなに太るんだよー。。。
肉体労働が中心の生活だった昔なら良かったのかもしれないけど。
ビタミン類・ミネラル、食物繊維。おお。大事なのか…。
ようやっと気付いたか、おまいら。と言う感じ。

早く野菜ジュースが店頭に並ぶ日が来ますように。
(別に書くようなことじゃないんだけど、気付いたときはびっくりしたんやもん。。。
スーパーの紙パックが並ぶ一角で呆然としてしまった。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/152-c02e7fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。