cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老ーGetting Older
私が今看護学習ってる地域は、これでもかっ!ていう程、田舎(私の個人的意見だけど。ここよりもっと田舎なとこから来てる人もいるし)。
罹患率は、病気の場合、子供とお年寄りに多い。(ちなみに事故は若者から壮年にかけて多い。)
田舎です。田舎の病院です。病棟には??
平均年齢70歳以上がずらり☆な現状と向き合うわけです。

時々、年をとるって言うのはどういうことかって言うのを考えさせられる。


先週末会ったおじいさんは、70歳を超えてからスペイン語を習い始め、そのおじいさんの知り合いは、85歳から中国語を習い始めたとか。
眼鏡と拡大鏡を使いながら、一日に何紙も新聞を読む方もおられるし。

逆に、年をとってることをかさに着て、人をあれこれ使う人もいる。
自分は年だから、とおっしゃって何もしようとしない人。
一度寝たきりになると、また自立するまでは時間もかかるし体力の衰えた方には苦痛だし疲れるし、簡単なことじゃないけど。
でも、やればできるのに。
何がしたいのか、さっぱりわからない。
死にたいの?死んでもいいの?っておもう。
世話されてるのが嬉しいのかもしれないけど、回復する気が無いなら、もうそれなら死んでくれって思うし(ゴメンナサイ)。
何でこんなやつのために、国の税金使いまくって生かしてるのか…私らはあんたの世話のために生きてるんじゃないんだぞ?!って叫びたくなる。
いつぞやのぼけたおじいちゃんみたいに、Would you like to die?って聞いてやりたいよ(笑)。

あぁ、言葉がまとまらない。

私は、年のせいにする人、嫌いです。
年の事言われると、ふーん…だから?って感じ(^^;
85歳の方に年のことを言われれば、その隣の一人で介助無しにお食事なさってる方は…って教えてあげたくなる・・・( ̄m ̄)ぷぷぷ
Confidentiality(守秘義務っていうのか?) があるから、勝手に個人情報は公開できないんだけどね~アァ、クヤシイ。
人は、自分が子供だったって言うことは忘れてしまう人多いと思うけど、自分が年を取ったっていうことに対しては、自覚する方が多いのかも。
どの時代にも「お年寄り」はいたに違いない。年寄りになるまでにかけた長い時間の中で、見てきたたくさんの「お年寄り」から、何かを学んできたはずじゃないの?

年はだれかれ構わず平等に取って行くもの。
確かに肉体的には体力も劣るってくるし、感覚器なんかも鈍感になってくる。
けど、精神活動や知的能力は「老い」というものを知らないらしい。
認知症なんかの病気にならない限り、判断力や思考能力は若いときとそう変わらないそう。
要は「気の持ちよう」ってとこかな。
年をとってからの時間の使い方と、若いころの時間の使い方、私は変えなくていいんだと思いたいなぁ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cupawithu.blog50.fc2.com/tb.php/133-b177bb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。