cupa on the way
ウサギの尻尾、羊が統治する国の嵐の町から徒然便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reflection-Care pathway
グチなんで長いっすー。←前置き。

++++++++
うちの病院は、場所が場所なだけにどんな病棟であっても(外科だろうと内科だろうと)、
少なくとも数人はターミナルの患者さんを受け入れなきゃいけません。
…別にしなきゃいけないってわけじゃないけど、
土地柄、結果的にそうなってしまうのではないかと。
なんせ超☆高齢化な地域だし。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
Reflection-What should I've said?
時々、私は日本も好きだけど、日本語も好きなんだな、と思う瞬間があります。
母国語だから当たり前なんだけど。
すんなり入ってくる。
それぞれの言語は独自のリズムを持ってると私は思ってる。
第二外国語として英語をしゃべると、第一言語の癖が出ちゃうのは、
2つの言語の間にある、リズムの違いだと私は思ってる。
だから、学ぶ言語のリズムをつかみさえすれば、
それなりにきれいにしゃべれてるように聞こえるもんだ
・・・と思う。笑
ちなみに私の英語は…羊の国の言葉訛りなのは、
ここの人の第一言語が英語じゃないからだよねぇ。。。

日本語のリズムが好きです。
私があんまり洋楽になじめないのも、
どんなに英語がしゃべれるようになっても、
日本語のリズムが芯から抜けないからだと思う。
日本語の歌われてる曲は、日本語のリズムが必要だと思うのです。

最近、ちょっと日本語の曲を聞きまくってた。
今朝、Jeniffer LopezのLet's Get Loudを聞いて仕事行ったんだけど。
午前中はずっと頭の中でそれが流れてたんだけど。
後半どたばたして仕事終わるころには、
最近聞いてた日本語の曲が流れてました。
疲れて、英語のリズムを保つことができなかったみたい。。。

+++++
後半どたばたしたのは。

[READ MORE...]
一週間目。
先週は、24時間契約なのに、しっかりフルタイム入りましたー。
しょっぱなから、あー疲れた。

私の受け持ちからは合計4組退院したけど、どれもパーフェクトなディスチャージ(退院)にならず。。。
必ず最後に何か出てくる。まだまだ詰めが甘い~
転移先の老人ホームにマットレスがオーダーできてなかったとか。
痛み止めはこの薬もほしかったとか。
そーいや、そんなことも言ってたなー。
しかし、他のすべてのことは退院手続き踏んでしまっていたので、
とりあえず退院してもらいました。。。
…自分の仕事の曖昧さに腹が立つけど…
後のことは、その地域の看護師さんチームにしてもらおうっと。
病院は、ベッドが必要なんじゃーい。

今日からまた三日間。がんばりまーす☆
NEET終了!
就職しました!
といっても、3ヶ月、週24時間の契約ですが。。。

電話来たのが、今日の午後。
私が実習した病院から。
この国の看護師養成は、ほとんど国がお金を出してやっているので、
資格取得後の研修や雇用も、こっちが仕事探してますー!ってこそこそ言っておけば、
とりあえず都合をつけてくれるようです。

正直、悩みました。
というのは、契約労働時間が週24時間。
…食べていけるのかな?
まぁ、バイトしてたときの貯えもあるし、何とか…なるかな。
家賃払って、食費etc…多分かつかつだろうけど。

んでもって、Offerが来たのは、私が働きたくない病棟第2位(A&Eを除いて)。
あそこの病棟の看護師さん数人と、私あんまり仲良くないんだよねぇ…。
まぁ、これはもういいか。
私の目的は、3ヶ月間生き延びることだと思うし。

それと、そろそろこの地域は離れたかった。。。のですよ、ホントは。笑
5年近くいるので、田舎暮らしもちょっと飽きてきたし。
この国の他の地域も見ておきたいなーと思ってたし。
この病院以外に履歴書出したところは、大都市ばかり。
でもうろうろするのに、看護の技術が要るのもわかっているし、
このままずっと今の生活をしてるわけにもいかないのもわかってたし。

3ヶ月という短い契約期間を考えて、とりあえず自信を付ける為、就職を決めました。
今の自分の目的は、やっぱり看護技術の取得と発展だと思うし。
とりあえず自分の資格をモノにして売れるようにしないとね。

しっかしすごい不安です!!!
どうしよう。どうしよう。どうしよう。
今日の午後、病棟に行って婦長さんと話をしてきたんだけど、
緊張してるねって言われてしまうほど、やっぱり緊張してるみたい。
問題は、やはりコミュニケーション能力に自信がない事、っていうのははっきりしてるんだけど。
どぉぉぉぉぉ。。。。
仕事できるかな。仕事増やさないかな。人殺さへんようにがんばらねば。。。
落ち込む回数を考えたら、やっぱり週24時間でいいんだよね(笑)。

明日は初出勤。
(Offer受け入れて、こんなにすぐにシフトが入るとは思わへんかったけど…
結局人手不足やから、こんな私にも求人案内が来たんよね~。)
明日から2日間勤務。
静かな土日に入れてもらえてよかった。
とりあえず、目的は3ヶ月間あの病棟で生き延びること。
うるさがられても、自分がわからなかったら何回でも聞きなおそうっと。
薬学も病理学もちょこっとずつ勉強していこ☆
がんばります!
Never Win
派遣は、当然ですが頼まれればどこにでも行きます。
外科、内科、小児科、外来・・・。
卵の身の上なので、いろんなものが見られてお得◎
Clinicallyには広く見られていいですが、やっぱり人間さんとのコミュニケーションがメインなこのお仕事。
Mentallyにはむっっって思うことも多いです。

むかついた患者さん。その一。
自分の病気のことを傘に来て、お礼を言わない方。
別に言われて欲しいわけじゃないんだけど。
何かにつけて、私は関節炎がひどくて体が動かせないのよ。と。
やられて当然、やって当然という態度では、なんだかこっちは気分悪いんではないですか。
無愛想でもお世辞でも、さんきゅの一言がなぜ出てこんかね。。。
(まぁ思ってなかったら口には出しにくいでしょーが。)

その二。
文句ばっかり。そのくせ結局やったりやらなかったり。天邪鬼さん。
ご飯おいしいですか?もっと食べないの?って言ったら、こんな食事は私の食事じゃないとか、味が変だとか。。。そのくせ、普段の食事を聞いてみるとそんなに変わらないし、うだうだしゃべってるうちになんだかんだでほとんど平らげてしまったり。。。話し相手が欲しかっただけかい。
ご自身がお気に入りのトイレ(広さとか近さとかいろいろ)にいけないと、ぐだぐだ文句を5分間。ちょっと遠いのでもいいなら一緒ぐらい広いよ、と言うとそっちでいいというくせに、行けばやっぱり嫌だから待つというし。もれるかもしれない、といったからこっちに必死で連れてきたのに、なんか付き合ってるこっちがあほらしい。。。

病院の「生活」って、誰も味わいたくないもの。チョイスが狭い上に、偏っている。
規則化された集団生活とそう変わらないと思う。私は。
その上「病気である」という普段とは違う状況とストレスを処理していかなきゃならないのだから、メンタル面でも相当なもんだと思う。

それはよーくわかっているつもり。
けど、こっちだって「仕事」でやってるのだ。
もうちょっとだけ、お互いに理解と配慮があってもいいと思うの。
お互い気持ちよく過ごしたいやない。。。
ぐだぐだ文句言わずに、自分のやりたいことスパッと言ってくれて、全部終わった後に最後にぼそっとありがとって一言言ってくれるだけで私はいいんだけど。
これって頼みすぎ??

クリスマスの次の日はBoxing Day。
久しぶりに気の合う患者さんにあえて、(ちょっと暇だったので)いっぱいしゃべりました◎
家族のこと。病気のこと。歯医者のこと(笑)。税金のこと。etc etc。
彼女が使って、気に入ったフレーズ。
You'll never win.
語り終わって、最後に彼女が、ね、そうでしょ、と。
病気に対して、国の制度に対して。文句はいっぱいある。でもね。って。
決して諦めてるわけじゃなくて。
でもなんだか人生をぴったり表してるようで。
人間って、どこまでいっても満足しない動物だと思う。
いくらお金があったって足りないだろうし、お金で買えないものもある。
どんなにいい制度があっても、万人が100%満足するシステムなどありはしない。
かつ、一人じゃ生きて行けない生物だ。
誰か外からの助けが必要な時もある。第一絶滅しちゃうし。笑
けど二人なら、つまり違う価値観を認めそれらと共存することになるのなら、
どこかで妥協が必要だろうし、自分だけじゃどうにもならないということにぶつかることも多いと思う。
そもそも人間がどうこう出来ない事だってある。
全てが、自分の思う通りになるとは限らない。
だから、never win.
勝ち組はいない。
誰もが何かを失ってく。You have to loose.
かなしいけど、だからきっと些細なことが嬉しかったり幸せだったり。
あははって笑って済ませられたり。
そのコントラストが無いと、私達は幸せを嗅ぎ取れないと思うから。

彼女もいろいろ失ってきたんだろうなーと思った。
失って、代わりに彼女が得た物は、きっと彼女が思うより全然足りなくて。
それでもきっとそんなもんだと笑って生きてきたんだろうか。
なら、個人的には、少なくとも前の2人よりも彼女は勝ち組じゃないかな、って思うのです。

嵐の町で出会ったら
(ここは一応「市」だけど、誰もが顔を見知ってるくらい小さな(狭い)「町」)、
通り過ぎないで必ず声をかけてね。と言ってくれたDorothy.
もちろん!って答えたけど。
残念だけど、それは多分難しいな。と思いました。
彼女の肺の状態はかなり悪かった。
あそこから、あの年齢で、どこまで這い上がって来れるだろう。
元気になって欲しいと願うけど、現実を見てるとこれはひょっとするとというのが想像できるようになってしまって、そんな自分が嫌なこの頃。

+++++
明日(もう今日だよ~)で私は仕事納め。
派遣なので、仕事上のことで何か来年に持ち越すということは無いですが。
ブログの更新をしたいなー勉強したいなー
季節のことを書きたいと思いつつ、ぼーっとしてるとあっという間に過ぎ去っていってしまいますな~
そだそだ。就活も真面目に始めないと!
総括的には、今年は個人的にはいい年でした♪
来年もよき年にしましょー◎
それでは、よいお年を☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。